BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

サラリーマンは融資が受けやすい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サラリーマンながら不動産投資を始めて、
自分の生活に余裕を生み出したい、または老後の生活資金にするために、今から準備をしておきたい。
不動産投資に興味を持っている人はそういった方が多いでしょう。
でも数千万円規模の融資を受けなくてはいけないのに、自分にそんな事が可能なのか?
住宅ローンもあるのに融資を受けられるのか、と不安に思っているかもしれません。
しかしサラリーマンは、実は大変に融資が受けやすい職業なのです!

雇用が安定しているサラリーマンは金融機関の上客

サラリーマンは日本の法律では雇用側が自由に解雇をするには大きな制限が伴います。
そのため正社員として雇用されている人間は収入の確実性が高く、
即ち金融機関にとっては「確実に収入があり債務を回収できる」上客と言える存在なのです。
テレビで活躍しているような芸能人は高収入でタワーマンションに住んでいるという人も多いですが、
実は彼らは融資を受けられないために家を買えず、賃貸物件に住むしか無いという事情があるのです。
芸能人は正規雇用ではなく人気商売なので収入が安定しません。
そのため年収が多くても金融機関にとっては融資はリスクが大きいのです。
そのため賃貸に住んだり、現金一括払いで住まいを購入したりする人が多いのです。
もちろん自営業の人も融資は受けにくいです。
最も金融機関が融資を行いやすい、行いたいと思っているのは収入源が安定しているサラリーマンなのです。

住宅ローンとアパートローンは審査基準が違う

住宅ローンとアパートローンの同時利用は十分に可能です。
住宅ローンは金融機関にとってはある意味慈善事業である部分があるからです。
国の方針に従って、低金利で多くの人が住宅を購入しやすいように融資をしているローンです。
そのため債務者が確実に返済できるか、その人の借金の有無やこれまでの経歴を重視して融資の審査をします。
そして「事業のための融資資金」ではない点も大きいです。
融資をして購入する物件からは利益は生まれません。
融資の返済も債務者であるあなたの給料から行われるでしょう。
一方で不動産投資に使うアパートローンは「事業用の融資ローン」です。
利益を発生させることを目的としており、融資の返済は「アパートやマンションによる不動産収入」から行われるでしょう。
そのため融資をして購入する物件の収益性も審査基準に含まれます。
もちろん信用情報に問題がある人、極端に収入が低い人などは融資が受けづらいですが、
しっかりと本人の職業の安定性があって、
物件も収益性や換金価値も高ければ、住宅ローンとアパートローンの同時利用は可能です。

本業の情報網を活かすという投資も

サラリーマンとして働いているということは、それぞれプロとして給料をもらえる得意分野があるはずです。
その本業の知識や人脈も十分不動産投資に活かせるでしょう。
公務員であれば地域の開発方針や計画の関する情報を仕入れられます。
開発計画がある場所の不動産を購入すれば、賃貸需要や地価の上昇を見込めるでしょう。
その他にも法律関係の仕事に携わっている人、
自分も金融機関で働いている人は地元の会社の景気などの情報を集めて需要のあるエリアを見抜くこともできます。
業界にかかわらず、経理課、総務部などに勤務していれば金融機関との付き合いもあるので、そこから情報を入手しても良いでしょう。
本業で不動産投資、そして融資に活かせそうな部分はどんどん活用していくべきです。

まとめ

サラリーマンは、金融機関にとっては最も安心して融資をできる人々です。
そのメリットを不動産投資に活かさないのはもったいないともいえます。
情報網、職業の安定性を活用し、積極的に融資を受けていきましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP