BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

2020年問題とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「2020年問題」をご存知ですか。人口減や高齢化、東京オリンピック閉幕、省エネ基準の義務化など、さまざまなことが原因で、不動産市場が大きく低迷すると言われています。

どのようなことが要因で2020年問題が起きるのか、主な要因について見ていきましょう。

2020年問題

ここでは、2020年問題の主な要因になると言われている2つの事象について紹介します。

不動産バブルが弾ける

2020年は東京オリンピックが開幕・閉幕する年であり、オリンピックを引き金に不動産バブルが弾けると言われています。なぜなら、現在不動産需要が高まっているのは、消費税増税前の駆け込み需要やオリンピックで国内外の需要増による投資家たちの買い占めが背景にあるためです。

しかし、2019年に消費税増税、そして、オリンピック閉幕とともに需給バランスが崩壊し、建築ラッシュで建てられすぎたマンションが大量に売れ残るのではと危惧されています。そのため、不動産バブルが弾け、市場が衰退化するとの予想もあります。

省エネ基準の義務化

国土交通省は、2020年までに新築住宅・建築物について段階的に省エネ基準への適合を義務化しており、2020年からは法令が変わってしまいます。

そのため、それまでに建設された物件は、省エネ基準に適合していないことになります。2020年以降は省エネ基準物件があたりまえとなるため、適合していないことで資産価値が下がり、買い手が見つかりづらくなる可能性があります。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP