BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

転勤で賃貸併用住宅を貸すと、住宅ローン減税を受けられない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

転勤が多い方は、場合によっては住宅ローン減税が受けられなくなるため注意が必要です。住宅ローン減税を受けられるケースと受けられないケースについて理解したうえで、返済プランなどを立てるようにしましょう。

ここでは、賃貸併用住宅を持ちながら、転勤した場合の住宅ローン減税の適用について紹介しています。

転勤をすると住宅ローン減税が受けられない可能性

毎年の住宅ローン残高の1%を、10年間所得税から控除できることでメリットの大きい住宅ローン減税ですが、転勤した場合は受けられない可能性があります。

住宅ローン減税は、あくまでも家を購入した人や同居する家族のための制度です。

そのため、賃貸併用住宅と言えども、転勤して空き家になったり、自宅部分を人に貸し出したりした場合は住宅ローン減税を受けることができません。

転勤が多い会社に勤めている方は、所得税還付が受けられず、当初の予定よりも経済的負担が大きくなる可能性があるため、返済プランを立てる際に気をつけましょう。

転勤しても受けられるケースは?

転勤で必ず住宅ローン減税が受けられなくなるわけではありません。住宅ローン減税を受けて10年以内に再入居した場合は、残りの期間減税を受けることができます。

また、転勤といっても単身赴任で家族が住み続ける場合は、住宅ローン減税を引き続き受けることが可能です。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP