BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

賃貸併用住宅の建築費を抑えるための分離発注は適当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

賃貸併用住宅は様々な設備を必要とするだけに、どうしても建築費は高くなってしまいます。
そこで、建築費を抑えるためのポイントとして、分離発注が適切なのか考えてみましょう。
分離発注とはその名のとおり、施工する場所によって発注先を変えることです。
メリットとしては土台、柱や梁、電気設備など、それぞれが得意な工務店に発注することで、建築費用を削減できる点が挙げられます。

細かい工程ごとに依頼先を変え、それぞれを安く仕上げる工務店に任せれば、総合的なコストダウンにつながるでしょう。
ただし、その分だけ大きな手間がかかります。問題は位置工程しか作業されないこと、それに工務店も大きな売上にならないため、施工そのものを受けつけないこともあります。
こちらの都合だけを押しつけて施行側のことを考えなければ、なかなか発注先が決まらず、「家の建築が手つかずのまま」ということにもなりかねません。
また、作業費が安い反面、スケールメリットを活かせず、結果として建材代が高くなるおそれがあります。その意味では安く仕上がる反面、発注先そのものを選べない点がデメリットだと言えるでしょう。

ままずは相見積もりを取って2~3社程度に絞れば、施工を受ける工務店も見つかるはずです。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP