BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

賃貸併用住宅でもすまい給付金は支給してもらえる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

消費税の10%への増税が、2019年10月からと決定されました。よほど大規模な経済危機が発生しない限りは、このスケジュールで増税が実施される見通しとなっています。

新築で住宅を買う時、土地には消費税が課されません。しかし、建物はそうではありません。2%の増税でも、「せめて建物部分だけでも、何とか消費税増税前に購入できないか」と考える人もいるでしょう。

一方で、消費税増税のタイミングで購入価格に大きな差が出てしまうことを防ぐため、『すまい給付金』という制度が導入されています。すまい給付金は一定の所得以下の人に対し、消費税が10%になった場合に、数十万円単位の大きな金額が支給される制度です。

このすまい給付金ですが、賃貸併用住宅を購入する時でも利用できるのでしょうか。結論としては、利用可能ということになっています。

http://sumai-kyufu.jp/pamphlet/kaisetsu.pdf
こちらの国土交通省が用意した資料を見る限り、賃貸に出す部分が自宅部分の1/2以下であれば、住宅ローンなどと同様に、賃貸併用住宅でも住まい給付金制度の利用が可能になっています。

これから賃貸併用住宅を建てる人、購入を考えている人は、消費税増税後にした方がお得です。
すまい給付金が、増税分の支出を上回る可能性があるのです。
シミュレーションが以下のページでできます。
どれくらい支給されるのか確認しておきましょう。
http://sumai-kyufu.jp/simulation/kantan/

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP