BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

融資が通りにくい市況だからこそ、賃貸併用住宅を建てよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2018年に入り、投資用物件の購入が難しくなったと言われています。その最も大きな理由は、金融機関が融資を渋るようになったからです。
スルガ銀行の不正融資問題に始まり、不動産業界では、積極的に不動産を販売してきた不動産会社と金融機関の癒着の歪みが表面化しています。その結果、積極的に投資用物件に融資していた金融機関も、融資を制限せざるを得ない状況に追い込まれています。

そんな時だからこそ、賃貸併用住宅の存在感は増しています。賃貸併用住宅の最大のメリットは、住宅ローンを使って投資用物件を購入できる点です。投資用ローンの融資が受けにくくなっている状態でも、住宅ローンであればそれほど大きな影響を受けていません。
金利が低く、返済期間を長く設定でき、しかも融資の受けやすさも変わらない住宅ローンを利用することで、自分の住宅を持ちながらアパート部分のローンを家賃収入で返済できるのです。

もし、投資用物件をこれから購入したいと考えるのであれば、賃貸併用住宅を建てることを考えてみてはいかがでしょうか。家賃収入からローンを返済できますので、毎月の住宅関連の出費をほぼ0円に抑えることも難しくはありません。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP