BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

自分の目で実際に見ないと、周辺環境までわからない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

物件探しをする際は、自分の目で実際に見ることが大事です。インターネットである程度の情報収集はできますが、駅やバス停から物件までの道のりや雰囲気、周辺の建物などは確認できません。

直接足を運び、実際に見たうえで判断するようにしましょう。

入居希望者の目線で周辺を確認する

インターネットサイトで、物件の価格や利回り、特徴、周辺施設などの情報は確認できますが、それだけでは物件選びの情報として不十分です。周辺施設に関しては、スーパーやコンビニ、駅、バス停までの距離等は記載してありますが、やはり良い情報しか載っていません。

たとえば、近くにお墓や工場、繁華街などがあったとしても、ネガティブな要素となるため記載されることはほとんどないです。また、周辺の治安や景観などもインターネットの情報だけでは掴めません。

アパート経営を成功させるためには、物件情報だけでなく、周辺環境もリサーチして魅力的な物件を探すことが大事です。

どんなに良い物件でも治安が悪いなど周辺環境が良くなければ、入居者確保は難しくなります。それに、写真や文字だけでなく、実際に見ることで「思ったよりよかった」「選ばなくて正解だった」など、より納得できる判断ができるようになります。

アパート経営には多くのお金がかかるからこそ、自分の目で実際に見ることが大切です。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP