BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

競売と任意売却の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動産を購入しても、返済ができなくなるなど万が一の事態を考え、どのような住宅売却方法があるかを理解しておくことも大事です。ここでは、競売と任意売却の主な違いについて確認をしていきましょう。

任意売却の方が有利

どうしても住宅ローンの返済が難しく、物件を手放さないといけなくなった場合は、競売と任意売却の2つの方法があります。どちらの方法も不動産を売却することには変わりないのですが、売却価格や売却の進め方、諸費用や引っ越し時期など、いくつもの点で違いがあり、任意売却の方が有利なことが多いです。

せっかく思い出の詰まった不動産を手放すのであれば、少しでも有利な条件で売却をしたいと考えるのは当然のことです。妥協しないで、少しでも得の大きい任意売却で進めるようにしましょう。

高い価格で売却できて引っ越しやプライバシーも安心

以下は、任意売却と競売の主な違いです。すべての項目において任意売却の方が優れているわけではありませんが、売却価格や自由度が高いことから任意売却を選ぶ人は多いです。

「価格」
任意売却:市場価格に近い
競  売:市場価格の5〜7割程度

「引っ越し時期」
任意売却:ある程度自分で決められる
競  売:立ち退きを迫られる場合もある

「現金が残る可能性」
任意売却:ある
競  売:ほぼない

「引っ越し費用」
任意売却:捻出可能
競  売:捻出不可

「プライバシー」
任意売却:近所・職場に事情を知られず売却可能
競  売:近所・職場に事情を知られる可能性あり

「残債の返済」
任意売却:一括返済
競  売:分割返済

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP