BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

犯罪情報マップを見て治安の良い場所で運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アパート経営を始める前に、警視庁や県警が公開している犯罪情報マップを確認するようにしましょう。住むエリアや物件の安全性を気にしている人は多いですし、エリアの犯罪発生状況によって、物件の収益性も変わってくるためです。

アパート経営は犯罪の少ないエリアで

犯罪情報マップを確認すれば、指定する地域の犯罪発生状況が把握できます。賃貸物件を探している人もチェックしているケースは多いですし、アパート経営を始める際には、必ず確認しておいた方がよい情報の1つです。

なぜなら、犯罪が多いエリアでは客付けが難しいですし、場合によっては入居者がトラブルに巻き込まれる可能性もあるためです。

入居者確保が非常に難しいため、利回りの低い物件となり、赤字になることも考えられます。また、テレビモニター付きインターホンやオートロックの設置はもちろん、防犯カメラも敷地内に複数台必要となり、コストもかかります。

犯罪の多いエリアなため、物件に落書きをされたり、嫌がらせによる損傷を受ける可能性もあり、維持管理費も高くつくことが多いです。

犯罪の多いエリアでアパート経営をするメリットはほとんどありませんので、事前に犯罪情報マップを見て、治安の良い場所で運営するようにしましょう。

そうすることで、安全、かつ、収益性の高いアパート運営が実現可能です。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP