BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

物件の魅力を上げるために室内洗濯置き場の設置は妥当か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

賃貸物件情報などで、室内洗濯機置き場を売りにしている物件が目立ちます。室外では冬の寒い中で洗濯しなければならず、室内に洗濯機置き場があれば便利だと思うのです。
物件の魅力を上げるリフォームとして、室外の洗濯機置き場を室内に変更することは多いです。

ただし、室内洗濯機置き場は、必ずしもメリットばかりではありません。洗濯機を置く分、室内スペースが狭くなります。建築時には想定しなかった場所に水道を通す必要がありますので、不自然な場所に洗濯機を置かざるを得なかったり、工事費用が高額になったりすることもあるのです。

キッチン横や洗面所に洗濯機置き場を新設できれば良いのですが、リビングの片隅にしか洗濯機置き場が設置できないのでは、物件の魅力を損ねてしまうでしょう。

一人暮らしの男性の場合、そう頻繁に洗濯することはありません。付近のコインランドリーで済ます場合が大半でしょうし、アパートやマンション内に住人用の洗濯機置き場を設置して対応することも可能です。

安易な気持ちで室内に洗濯機置き場を設けるのではなく、室内との調和や費用面を顧みた上でリフォームを検討しましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP