BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

次はここが人気のエリアになる?千葉県松戸市の今後は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動産は今後の人気エリアを見抜き、いち早く物件を購入することが重要です。例えば、武蔵小杉は予想に反して資産価値が上昇しましたが、2000年代前半までに同エリアで投資用物件を購入した人は、多くの売却益を手中に収めたと言われています。
今後の人気エリアを考える上で注目されているのが、千葉県松戸市の松戸駅周辺です。では、松戸市が人気を集めると思われるポイントを見ていきましょう。

上野東京ラインの開通で通勤の便が大きく向上した

松戸は上野東京ラインの開通で大きな利を得た駅です。上野東京ラインの開通により、松戸は上野だけではなく、東京駅や品川駅にも同時にアクセスできる利便性を手に入れました。松戸から上野駅までは約20分、東京駅までは30分、品川駅までは40分でアクセスすることができるのです。都心から離れ、郊外とみなされていた松戸ですが、上野東京ラインの開通によって通勤圏の一角に加わることとなったのです。
また、千代田線にも乗り入れているため、千代田線沿線の都心の駅や霞ヶ関などにも乗り換えなしで通勤することができます。都会の中心部で働いている人のベッドタウンとして、特にアクセスが便利になったことが、松戸が注目される理由の一つになっています。

大型商業施設の建設も予定されている

交通の便が改善されても、そこに住む人にとって必要なお店などがなければ、人口が増えることはありません。ここ数年の松戸の人口は毎年数千人のペースで増加し、ますます住宅を必要としています。
家が必要ということは店も必要ということ。そんな松戸市民の需要に応えるため、大型商業施設の建設が予定されています。

テラスモール松戸(仮)
https://www.fashion-press.net/news/45490
こちらは2019年秋開店予定の大型商業施設です。シネコンやレストラン、ジムやアパレルショップなどを中心に、若者向けの店舗が多数入店する予定になっています。
駅前には「キテミテマツド」と呼ばれる商業施設がオープンします。
https://www.ryutsuu.biz/store/k112823.html
こちらは伊勢丹松戸店の跡地を利用した店舗となっており、新たなる松戸駅前の顔になることが期待されています。幅広い年代の客層を想定しています。

松戸で地価が上昇しているエリアは

実際に松戸では地価が上昇しているのでしょうか。 公示地価の推移を確認してみましょう。
松戸市全体の公示地価の推移は以下のようになっています。

2014年[平成26年] 17万8183円/m2 58万9035円/坪 +0.36% 上昇
2015年[平成27年] 17万9244円/m2 59万2543円/坪 +0.30% 上昇
2016年[平成28年] 17万2614円/m2 57万625円/坪 +0.50% 上昇
2017年[平成29年] 17万1376円/m2 56万6532円/坪 +0.74% 上昇
2018年[平成30年] 17万3141円/m2 57万2368円/坪 +0.83% 上昇

着実に、ここ数年は地価が上昇しています。
松戸駅周辺は地価上昇の勢いが増していますが、その他のエリアで注目する場所をピックアップしてみました。

松戸市を横断する新京成電鉄新京成線の駅、みのり台駅周辺の公示地価の推移です。

2016年[平成28年] 13万5500円/m2 44万7933円/坪 +1.39% 上昇
2017年[平成29年] 13万7500円/m2 45万4545円/坪 +1.49% 上昇
2018年[平成30年] 13万9500円/m2 46万1157円/坪 +1.46% 上昇

みのり台駅ではここ数年、1%を超える勢いで公示地価が上昇しています。

北総線・成田空港線・武蔵野線と三つの路線が乗り入れているターミナル駅、東松戸駅周辺の公示地価の推移です。

2016年[平成28年] 14万7000円/m2 48万5950円/坪 +1.53% 上昇
2017年[平成29年] 14万8000円/m2 48万9256円/坪 +1.56% 上昇
2018年[平成30年] 15万4500円/m2 51万743円/坪 +3.18% 上昇

2018年には何と3%以上の上昇を見せています。 価格水準もまだそれほど高くないため、住宅や投資用物件を探している人が、今後注目するべきエリアと言えるでしょう。

松戸に注目し、ぜひとも投資用物件を探してみると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP