BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

投資用物件探しのポイント!プロはここを見る 営業マン編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投資用物件を探す時には物件の詳細を見ることはもちろんですが、その物件を紹介してくれた営業マン、そして不動産会社を見ることも重要です。なぜならば物件を購入した後のアフターサービスは仲介に入ってくれた不動産会社が担当するからです。さらに、その後不動産を買い進めていく際にも、最初に仲介に入って付き合いのできた会社が中心となることが多いからです。

では信頼できるパートナーになってくれる不動産会社を見つけるためには、どのような点をチェックすれば良いでしょうか。

 

投資を実際にしている営業マンの居る不動産会社を選んだほうが良い

不動産投資は怪しい、と断定してしまう人の中には「本当に儲かるのであれば、社員自身が投資すればいいじゃないか。しないということは、実際には儲からないからだ」と決めつける人がいます。そういった意見に反論するわけではありませんが、実際に社員自身が不動産投資をしている、という不動産会社は実際にはかなりあります。

投資をすれば社員も投資家の気持ちが理解できますし、投資の中で成功へのノウハウを実感を持って体験し、そこで得た経験を投資家に対して伝えることもできます。自分自身も投資家である社員がいれば、パートナーとしてこれ以上頼りになる存在はいないでしょう。

社員が積極的に不動産投資をしている。そんな会社を選んでみましょう。

 

社員の健康に配慮している会社を選ぼう

社員の定着率が高い会社を選ぶとともに、しっかりと社員の健康に配慮している不動産会社を選びましょう。 不動産業界の離職率が高い理由の一つに、基本的に週の休日が1日しかない上に長時間労働が多く、激務である点が挙げられます。

さらに肉体的な負担だけではなく、精神的なストレスも非常にのしかかってくる仕事です。そのような環境下で満足に体と心が休まらなければ、顧客に対して内容のある提案を行うことも難しくなるでしょう。自分と相性の合う担当者が鬱や病気で退職してしまうのはなんとももったいない話です。

担当者と雑談をしていく中でしっかりと休みが取れているのか、会社の福利厚生はどの程度か、そして社員が居心地の良さを感じているような会社を選べば、その会社とは長い付き合いができますし、高いクオリティの仕事を提供してくれるでしょう。

 

その会社で不動産を購入した人の話を聞いてフォローの手厚さを知る

そして最も重要なのが購入した後のアフターフォローです。支払いに困った時、何か住人トラブルが起きた時、物件を売却したい時など、専門家の力に頼りたくなった時にきちんとサポートをしてくれる不動産会社なのかどうかで不動産投資の結果も大きく左右されます。

本当にこの会社は信頼できるのかという情報を知るためには、やはり不動産会社を利用している人の話を聞くのが一番でしょう。そのためにもできるだけ大家専門セミナーなどに参加して、大家仲間を作りましょう。

不動産業界は人の出入りが激しいだけに横の情報が広がりやすい特徴があります。悪い評判は同時に広がりますし、良い不動産会社の情報も調べようと思えば手に入れられます。

社員の教育体制がしっかりとしており、平均的に社員のスキルが高い会社を選べば、担当者は当たり外れのない良いパートナーとなってくれるでしょう。

 

不動産会社の営業マンというものは不動産投資を始めようとする人にとって、一番の味方になってくれる存在です。長い付き合いを重ねていけば利害関係がなくとも、本当に自分のことを案じて色々なサポートをしてくれる人もいます。信頼できる営業マンを探していくためには、ノルマで社員を追い立てる会社ではなく、社員を大切にしている会社を選んでいきましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP