BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

悪徳リフォーム会社を見抜くにはここをよくチェック!②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

悪徳リフォーム業者は、連絡がおろそかになることが多いです。一般的に仕事の質が良くない会社は人材が定着しにくいです。そのため、常に人手不足であったり、事務や管理系の人間がいなかったりすることが多いのです。

そのため、電話しても連絡が取れなかったり、メールの返信が遅かったり、尋ねたことにきちんと答えてくれなかったりする会社がよく見受けられます。

こういった配慮の足りなさは結局、工事に対する姿勢にも影響してきます。連絡をおろそかにするということは、顧客を大事にしていないわけであり、スケジュールをきちんと守る意欲がないのです。また、スケジュールも当初の予定通りに実行されず、2日で終わる工程が3日、4日と伸び、人件費を余計に請求されることもあります。

不動産物件の運営において、スケジュール管理は非常に重要です。特に年度末の繁忙期までに物件を貸し出せる状態にしたいのに、工事がスケジュール通りに進まなかった場合は最悪です。結局、「賃貸に出せたのは、繁忙期をとっくに過ぎた年度明けからだった」ともなれば、収益性にも大きく響いてくるでしょう。

作業の発注前に会社としての姿勢や顧客に対する態度を見ることで、悪徳なリフォーム業者を見抜けるのです。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP