BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

悪徳リフォーム会社と契約後にクーリングオフをするためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

悪徳なリフォーム会社の中には、訪問販売を行う会社もあります。訪問販売においては、顧客側と販売側で知識の量に差があることも多く、冷静な判断ができないため、訪問販売時の契約はクーリングオフと呼ばれる取り決めにより、解約できることがあるのです。

クーリングオフをするためには、以下の条件を満たしている必要があります。

・事務所か店舗以外で契約したこと
・契約を結んだ日から8日間以内に解約すること

いきなり家を訪ねてきて相手のセールストークに呑まれ、リフォーム契約をしてしまった。そんな場合、冷静な判断ができるだけの情報が与えてられていないこともありますので解約が可能です。ただし、自分から業者を家に呼んで契約した場合は、クーリングオフができません。

また、クーリングオフは書面で申請します。クーリングオフの旨をリフォーム会社に電話しても、担当者不在などの理由で断られることがあります。そんな時は内容証明郵便を送りつければ、クーリングオフは有効になります。
逆にそのような理由でクーリングオフを妨害しようとした業者が、罰せられることもあるのです。

クーリングオフは、れっきとした消費者の権利です。リフォームの前では必ず内容をよく吟味し、価格の妥当性などを確認してから契約しましょう。そして、内容がおかしいと思った時は遠慮なくクーリングオフをするべきです。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP