BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

家賃と管理費・共益費を分ける理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マンションやアパートを借りる際に、家賃や管理費、共益費などの費用が発生しますが、「家賃」と「管理費or共益費」で分けて表記されているのが一般的です。

なぜ、分けて表記するのでしょうか?

少しでも安く見せるために分けている

住宅情報誌や物件サイトなどを見て、「なぜ、家賃と管理費・共益費を分けるの?一緒にまとめればいいのに」と考える人は少なくないのではないでしょうか。

実は、家賃と管理費・共益費を分けて表記しているのは、「家賃を安く見せたい」「家賃と維持管理に使う費用を分けることでストックしていける」というオーナー側の意図によるものです。

「家賃5万円、管理費5千円」の物件と「家賃5万5千円、管理費0円」の物件があったとすれば、居住者が毎月支払うお金はどちらも同じ5万5千円です。

しかし、「家賃」をベースに算出される敷金や礼金、仲介手数料は、家賃が少しでも安い「家賃5万円、管理費5千円」の方が安くなるため、借り手からすると非常に大きなメリットに映ります。

そのため、少しでも賃貸を付きやすくするために家賃と管理費・共益費を分けているオーナーが多いのです。

逆に、「家賃8万円、管理費0円」などの物件は、家賃に管理費が含まれているだけなので、本当に管理費が0円なわけではありません。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP