BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

家賃、共益費、管理費の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マンションやアパートなどに賃貸で住むと、家賃や共益費、管理費などがかかります。しかし、これらの費用が何を指すかを知らないで支払っている人が少なくありません。

ここでは、家賃や共益費、管理費の内容や違いについて見ていきましょう。

家賃

賃貸を探している人が、まず条件として挙げるのが家賃です。家賃は、その部屋を使用するための月額費用であり、物件情報サイトで希望物件を探す際も、まずは家賃で条件設定をする人は多いのではないでしょうか。

家賃は需給バランスで決まるため、物件オーナーはそのエリアの家賃相場を考慮したうえで、金額を設定します。家賃が相場よりも高いと賃貸が付きにくく、相場より安いと付きやすくなります。

ただし、家賃が安ければオーナーにも貸借人にも良いかというとそうではありません。

たとえば、家賃が安いと賃貸は付きやすくなりますが、経済力のない人が居住する可能性があり、後に支払いトラブルが起きるかもしれません。また、家賃が高いと支払いトラブルが考えにくい経済力のある人が居住しますが、賃貸は付きにくくなります。

家賃を高くするか安くするか、バランスを取るかはオーナーによって方針が異なります。

管理費と共益費

家賃以外にも、管理費や共益費と呼ばれる費用が存在します。

管理費とは、管理のために使われる費用のことで、掃除業者の費用やリース費用、管理人の人件費などに充てられます。オーナーが業者に管理を依頼している場合は、毎月5〜6%程度の手数料支払いが必要です。

一方、共益費とは、建物全体の設備や外観の修繕に使われる費用のことです。オートロックの修理や屋根の塗装費用などにも充てられます。

ただし、管理費と共益費を両方取っている物件はなく、名前は2つに分かれていますが、どちらも維持管理・メンテナンスに使用する費用であり、用途に明確な違いはありません。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP