BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

家財保険のメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オーナー、入居者が家財保険に加入するメリットは、一重に「もしもの際に補償される」ことです。家財保険は、入居者の家財や賠償責任を補償してくれる損害保険であるため、万が一のことを考え、加入するケースが増えています。

「家財」が盗難・損傷した場合や火災による原状回復の際にも安心

家財保険とは、その名の通り、賃貸の家財が盗難・損傷などの損害を受けた場合に補償される保険のことです。火災保険(建物のみ・家財のみ・建物と家財の両方)の一種であり、保険金額は自分で設定できるものがほとんどです。

たとえば、入居している部屋が火事になったとします。火災による損害は、入居者に重過失がない限り、オーナーは損害賠償の請求ができません。だからこそ、物件のオーナーは火災保険に加入します。

ただし、入居者は、火災に関しては重過失がないと損害賠償されませんが、オーナーに対して原状回復義務は負っています。原状回復義務とは「借りた時の状態にして退去してください」というもので、損傷がある場合は回復させなければなりません。

この場合、個人賠償責任保険では補償されず、借家人賠償責任保険でなければ対応できないため、入居者に家財保険への加入を義務づけるケースが増えています。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP