BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

外国人入居者を入れるときは、家賃保証会社を利用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

連帯保証人を用意できる外国人入居者は、非常に稀です。留学生を対象とした保証人制度を設ける大学はありますが、ただ単に日本に出稼ぎに来た人の場合、連帯保証人を用意するのは難しいでしょう。

そのような時は外国人専門の家賃保証会社を利用するのが良いです。外国語を話す担当者がいるため、日本語を話せない外国人でも意思疎通ができ、契約も可能です。

仮に外国人入居者が家賃を滞納した時でも、家賃保証会社からきちんと家賃が支払われますし、家賃の回収も代行してくれます。 万が一失踪して家賃が支払われなくなった場合でも、契約解除までの家賃は保証されます。

部屋の使い方に問題があり、様々な破損が生じた時でも、原状回復の保証オプションをつけておけば、費用もきちんと支払われます。

何かとリスクの高い外国人入居者ですが、家賃保証会社を利用すれば、様々な問題をカバーできるのです。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP