BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

外国人入居者は決断が早い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

外国人入居者を入れるメリットの一つは、入居の決断が早いことです。日本人の場合、物件の内覧で色々な部屋を比較した上で決める人が多く、すぐに賃貸契約を結ぶんでくれる人はそれほど多くいません。日本では決まった契約を一方的に破棄することが少なく、住む部屋の選択肢も多いことで行動に余裕が持てるからです。

しかし、外国人は選択肢自体がそもそも少なく、年配の不動産経営者の中には「外国人お断り」の人もいますし、女性専用物件も最近増えています。外国人にとって少しでも貸し出す可能性のある物件であれば、すぐに入居を決めてしまう人が多いのです。とにかく選択肢が少ないため、すぐに入居を決めなければ、他の外国人が入ってしまいかねません。

内覧に来た外国人はその場で即決することが多く、契約を引き伸ばさない傾向があります。大家にとってストレスなく入居者が決まる反面、外国人入居者が連帯保証人を用意できないケースが多いため、契約時点でどのように保証人を入れるかで苦労させられることはあります。
その対処法として、家賃保証会社の利用を考えてみましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP