BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

外国人入居者はネットワークを利用した客付けができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

外国人入居者を入れるメリットの一つとして、外国人同士のネットワークにより入居者が決まり安い点があります。日本で暮らす外国人は、同じ国の人間同士で独自のネットワークを築いていることがあるのです。
そういったネットワークの中で、「あそこのマンションは外国人でも部屋を貸してくれる」「あそこのアパートは家賃が安く、周りの部屋も外国人が多いので住みやすい」などの評判が広がり、外国人同士で入居者を招き入れるのです。

日本には『外国人お断り』の物件が依然として多く、外国人は皆、部屋探しに苦労します。ここでビジネスチャンスと捉え、『外国人歓迎』の看板を掲げてみてはいかがでしょうか。例え退去が発生したとしても、退去した外国人が別の外国人を紹介することがあるのです。

ただし、あまりネットワークに頼りすぎるのも問題です。外国人入居率が上がれば、日本人から敬遠されることがありますので注意しましょう。オーナーは日本人だけでなく、外国人でも住みやすい環境づくりを意識しなければいけません。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP