BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

収支計算の考え方 赤字のときはここを見直す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「収支計算をしたら、赤字だった。。」こんなときは、すぐに行動するようにしましょう。一刻も早く赤字を解消しないと大変です。

アパート経営で赤字の場合、ほとんどのケースは売上不足が原因です。売上を増やすためにも、入居率の改善を急ぎましょう。

入居率を見直す行動をする

赤字のときに見直すポイントとして入居率があります。アパート経営は入居率で収益が変わり、入居率が低い場合はほとんど赤字です。そのため、現在赤字の物件に関しては、入居率の改善が急務となります。

入居率を上げるためにやれることとして、主に以下の3つがあります。

家賃の見直し

定期的にエリアや競合物件の家賃相場はチェックできていますか。オーナーによっては、物件購入時にしかチェックしていない場合もあります。周辺物件の家賃相場と比べて、明らかに高いようであれば、よほどの付加価値がない限り入居率を高めることは難しいでしょう。エリア・競合物件の家賃相場をチェックして、他と同相場、もしくは他物件よりも魅力的な家賃に変更することで入居率アップが期待できます。

設備の見直し

競合物件や持ち物件の設備を確認しましょう。防犯カメラやモニター付きインターホン、ウォシュレット、IH、グリル、インターネット設備など、家賃がほとんど変わらないようであれば、設備の優劣で入居率が変わる可能性が高いです。たとえば、女性であればセキュリティのしっかりした物件や料理がしやすい物件等を選ぶ傾向があります。多少のコストはかかりますが、設備状況を確認して必要とあらば設備を充実させましょう。

不動産会社への営業

入居率を上げるために、実際に客付けをする不動産会社へ営業するのも1つの方法です。多くのお客さんが来てもスタッフの人数は限られていますし、扱う物件も大量にあります。そのため、いかに物件を勧めてくれるかによって入居率も大きく変わってきます。空室状況や物件の強みなどの情報もあらためて説明し、営業強化をお願いしましょう。

他にも、いろいろな方法はありますが、できるだけ早く行動に移すことが大事です。「売上は十分だったが、費用も多くてたまたま赤字だった」であれば、費用を抑えることですぐに黒字転換できますが、売上が少ないことが原因であれば、すぐに動かないとジリ貧になってしまいます。

この記事を参考にして、早速行動を起こしましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP