BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

収入の少ない女性が融資を受けて不動産投資を始めるためのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

育児や子育てなどでやむを得ず、仕事を退職する女性は今でも多くいます。中には自立のため、経済的な安定のため、不動産投資をしたいと思う人もいるでしょう。しかし、まとまった収入が得られる定職に就いていなければ、実際に融資する金融機関はありません。収入が少なくて経済的に安定しない女性が、融資を受けて不動産投資を始めるには一体、どのような方法を取れば良いでしょうか。
そのための方法をご紹介します。

1.日本政策金融公庫を利用する

女性が有利な条件で融資を受けられる金融機関として、政府系の日本政策金融公庫があります。日本政策金融公庫は若年層、高年齢者、女性など、平均的に収入が高くない属性の人に金利面で優遇しています。29歳までの男女、55歳以上の男女、全年齢の女性は、最低でも1.2%と、住宅ローン並みの金利で融資が受けられるのです。
また、定職についていなくても、購入する不動産の担保価値がしっかりしていること、金融機関に提出した事業プランに高い収益が見込まれれば、定職のない方でも1,000万円以上の融資も不可能ではありません。
完全に無職の状態では難しいかもしれませんが、パートである程度の収入があったり、事業計画を確実に実行できる見通しがあったり、収益が見込める不動産物件を購入する時には、日本政策金融公庫に融資を申し込んでみましょう。
事業計画を提出する段階で面談が行われますが、事情次第では配慮されることも多いため、融資の受け安さにつながっています。ただし、返済期間はそれほど長く設定できず、最長20年です。

2.夫の協力を得て少額の不動産投資から始める

配偶者がいる女性の場合、夫の収入を担保にして、融資が受けられることもあります。年収100万円程度しかなくても、夫に多めの収入があれば、夫の返済能力を金融機関に審査してもらうことで、融資されるケースもあるのです。
ただし、自分の収入や返済能力に基づいて融資が下りるわけではないため、何よりも夫の協力を得なければいけません。ただし、それほど多額の融資は期待できないでしょう。
この方法で融資を勝ち取るには、例えば、地方の一棟アパート、中古の築古一戸建てといった比較的安価の物件を購入する必要があります。そして、何より重要なのは、土地付きの不動産を選ぶことです。土地が一緒に付いていれば、資産価値が上がり、融資の審査も多少は通りやすくなるでしょう。

3.自分の貯金を担保に融資を受ける

現在の収入はわずかでも、独身時代から結婚、そして退職に至るまでにある程度の貯金がある女性は、貯金を担保に融資が下りることもあります。
例えば、1,000万円程度の貯金を担保にする場合、「融資を1000万円受けたいのですが、返済が滞っても貯金から返済できます」と金融機関に説明すれば、同額の融資は不可能ではありません。
最初から多額の融資はなかなか厳しいかもしれませんが、少額の不動産投資から始めて徐々に実績を積み重ねていけば、実収入が増えて信用がアップします。不動産投資の経験と資金を増やせば、定職に就いていない人でも5年後、10年後には融資を受け、一棟もの物件を購入できる可能性があります。

収入が少ない人は、すぐに高額物件を購入できませんが、不動産投資では実績と経験が融資時の評価につながります。コツコツと実績を積み重ねる中で不動産運営のノウハウを学び、将来的に大きな収入が築ける実力を身に付けましょう。
そうすれば、いずれ経済的自立を果たし、自由を手に入れることが可能になります。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP