BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

南向き、または東向きの土地が買えなかった時、賃貸併用物件はどうするべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

南向きの土地、東向きの土地は人気が高いです。価格も高いですが、それ以前になかなか市場に出てこないことがあります。中古物件で賃貸併用住宅を探していても、思ったように南向きや東向きの賃貸併用住宅が見つからないこともあるでしょう。

そういったときは、できるだけ太陽光を取り込めるようにリフォームを行います。最も手軽に行えるリフォームは、窓を大きくすることです。窓を大きくすれば、西向きや北向きの家でもそれなりに日差しを取り込むことができます。冬でも時間帯によっては、ある程度暖かく過ごすことができるでしょう。
ただし、窓が大きくなると気温や湿気など、外気の影響を受けやすくなります。窓を新しく作り変える時は二重窓にしたり、フィルムを貼ったりしてできるだけ外気の影響を受けにくくしましょう。それに、窓があまり大きくなると、外部からの視線も入りやすくなってしまいます。摺りガラスや色付きのガラスなどを用い、外部からの視線を遮る工夫も考えなくてはいけません。

窓がもともとなかった場所に新しく作ってもよいでしょう。ここでも視線が入りにくいように、高い場所に窓を設けるのも日差しを取り込むのに有効な方法です。最上階の部屋であれば、天窓を設けるリフォームもおしゃれです。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP