BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

北向きの賃貸併用住宅のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

住宅を建てる時、北向きの土地は最も人気がありません。日照時間が短く、気温が上がりにくいからです。ただし、人気がない分だけ土地は安く買えます。土地が北向きだとしても、価格が安かった分、賃貸併用住宅の建築に資金を回せます。その結果、物件に十分な魅力や機能を与えることができるのです。

まずは断熱性の高い賃貸併用住宅にすることを考えましょう。北向き物件のデメリットは、日照時間の短さによる室内の寒さです。断熱機能の高い壁にすれば、日差しが差し込まなくても冬場に暖かく過ごすことができます。また、室内は暗くなりがちですのでできるだけ大きな照明をつけ、壁を白くするなどして明るい雰囲気を出すようにしましょう。茶色や黒系統の壁紙にしてしまうと、与える印象が暗くなってしまいます。

その他にも換気があまり良くないことが多いので、通風性を重視して2方向に窓をつけます。浴室に乾燥機をつけると良いでしょう。浴室乾燥機があれば、梅雨時でも洗濯物を干すことができますので、ファミリー層や女性の人気を獲得できます。
このような設備投資にお金を回すことで、北向き物件の弱点を十分に補うことができるのです。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP