BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

制震、耐震、免震の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動産収入が地震、水害など今年に入って様々な自然災害のニュースが入ってきています。21世紀になっても自然災害の脅威は衰えることはなく、住まい探しにおいても、災害に強い建物であるか、地盤であるかといった点は注意をしなくてはいけないでしょう。

最新のマンションなどでは、震度7級の地震にも倒壊が起こらないように、様々な地震対策を施しています。ただ一概に耐震性が高いと言っても、制震構造のあるマンション、耐震性の高いマンション、免震構造マンションではそれぞれ違う仕組みで地震対策を行っているのです。
そこでそれぞれの構造による、地震への備え方の違いを見てみましょう。

耐震構造住宅とは?

耐震構造は建物の柱や壁でとにかく躯体を強固にして地震対策を行います。メンテナンス費用はそれほどかかりません。一般的な戸建住宅で用いられる地震対策が、耐震構造になります。建物を壊れないようにすることを重視しているため、家の中の揺れを、構造的に軽減する仕組みは搭載されていません。

制震構造住宅とは?

制震構造は主にマンションで使われる地震対策です。制震構造を持ったマンションは、内部にマンションはダンパーと呼ばれる設備を設けています。ダンパーの振動によって建物にかかる揺れとは逆の揺れを発生させ建物のバランスを調整します。地震の揺れとは逆方向の力を与えることで、上層階の揺れを軽減できるのです。建物のダメージだけではなく、家の中のものの落下を防げるため、高層階に住んでいても安心して生活できるのです。

免震構造マンションとは?

免震構造マンションはそもそも揺れが起こらないように、マンションの躯体の下に免震ゴムなどを設置します。ゴムが振動を吸収すること、建物に揺れが伝わらないようにするのです。そのため3つの地震対策の中では、最もその耐震効果が強いと言えます。
しかし、免震構造のマンションは揺れを制御する免震ゴムのメンテナンス、交換が必要になります。そのため高コストになってしまうという問題もあるのです。それでもその信頼性は高いため、日本で最も高い建造物である東京スカイツリーも、地盤の中に振動吸収ゴムを設置する、免震構造で造られています。

大阪の震度6の地震でも大きな被害が出ました。仮に首都直下型地震が起きればその被害が甚大なものになると言われています。
戸建てでは中々免震構造にすることは難しいですが、マンションを選ぶときには制震や免震構造のマンションを選べば、震度7級の地震が起きても被害を軽減できるでしょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP