BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

値下げに応じないリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

入居者から値下げ交渉を受けた場合の選択肢は「値下げに応じる」「値下げを断る」の2つです。値下げに応じると、家賃収入が下がるだけでなく、他の部屋からも交渉を受けるリスクがあります。

そして、値下げに応じない場合もリスクがあるため、どちらのリスクも考慮したうえで、判断しなければなりません。

ここでは、値下げに応じない場合のリスクについて見ていきましょう。

クレームや入居者が退去する恐れ

入居者から家賃の値下げ交渉を受けたときに、値下げに応じない場合は、以下の2つのリスクが生じる恐れがあります。

1つ目は、クレームやトラブルに発展するケースです。部屋によって家賃差があるのは法律的には問題ないものの、入居者の心情としてはよいものではありません。そのため、入居者からクレームを受けたり、他の入居者に状況を伝えられ大事になったり、ネットに口コミ等を投稿されて物件の悪評判が出回ったりする可能性があります。

2つ目は、入居者が退去してしまうことです。退去されると家賃収入も減りますし、新規入居者獲得のためのコストもかかってしまいます。すぐに入居者が確保できればいいですが、時間がかかるようであれば、大きな痛手です。

値下げに交渉に応じる場合もリスクはありますが、応じない場合もこのようなリスクがあるため、安易に断るとあとで痛い目に遭ってしまいます。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP