BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

修繕費をしっかり貯めておくには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

家賃収入はすべて使って良いものではありません。さまざまな経費もありますし、将来のために貯めていかなければならないお金もあります。その1つが「修繕費」です。

ここでは、修繕費をしっかりと貯めていくために、修繕費の重要性や管理の仕方について見ていきましょう。

計画を立て毎月別口座で貯めていく

入居率がよく想定以上に家賃収入を得たからといって、すべての家賃収入が利益となるわけではありません。家賃収入はあくまでも売上であり、売上から経費を差し引いたものが利益となります。

経費の1つに「修繕積立金」があります。修繕積立金とは、屋根や外壁など大規模修繕へ向けて積み立てていく修繕費のことです。10年、20年、30年、、、と、建物は経年劣化するため、大規模修繕をしないと、あちこちがボロボロになり資産価値が保てなくなります。十分な修繕をおこなわない、ボロボロなアパートだと、当然客付けも悪くなるため収益も悪化します。

大規模修繕にかかる費用は高額なため、毎月少しずつ計画的に貯めていくことが大事です。「修繕が近くなって貯め始めればいいだろう」と安易な考え方では危険です。

大規模修繕計画をもとに、毎月貯める金額を決め、修繕積立金については別口座で管理するようにしましょう。修繕費を貯めることを習慣化しつつ、よくお金の出し入れをする口座に入れないことが大事です。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP