BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

住宅ローンを返済中の住宅は、人に貸すのはNG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

住宅ローン返済中の賃貸併用住宅の自宅部分は、原則人に貸すことができません。状況によっては認められますが、黙って貸しているのがバレると契約違反になってしまいます。

原則、住宅ローン返済中に人に貸すことはできない

「自分の家だから好きなように扱える」「転勤したら人に貸して家賃収入を得たい」など、マイホーム=自由と考える人もいます。

しかし残念ながら、住宅ローン返済中に賃貸併用住宅の自宅部分を賃貸に出すことは基本的にはできません。もし、内緒で人に貸していることが金融機関にバレてしまうと、契約違反となり、最悪の場合一括返済を求められることもあります。そのため、絶対に内緒や嘘はやめましょう。もちろん賃貸部分を貸すことは、何ら問題がありません

住宅ローンは、あくまでも自分が居住するためのローンなので、本来、人に貸し出す場合は事業用ローンを利用しなければならないのです。

金融機関で住宅ローンを借りる際に結ぶ金銭消費貸借契約書にも、「一身上重要な変動が発生した場合、貸主に告知する」ことがしっかりと明記されていますので、転勤が決まった場合は速やかに金融機関へ伝えましょう。

金融機関に相談をして、止むを得ない理由と判断されれば人に貸すことも認められるケースがあります。

フラット35は人に貸しても問題なし

民間ローンだと人に貸すことは基本的にNGですが、フラット35であれば住所変更届を提出すれば転居でき、人に貸して家賃収入を得ても何ら問題ありません。契約違反も一括返済も心配する必要がないのです。

長期固定金利を希望している方や転勤が多い方は、フラット35も検討してみるといいでしょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP