BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

不動産投資ローンを繰り上げ返済するデメリット②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アパートローンを繰り上げ返済することは基本的には返済額を減らせるので、大きく支出を減らす効果があります。
ただし無理に繰り上げ返済をすることでのデメリットもあります。
では具体的にどんなデメリットが有るのでしょうか。

まず考えられるデメリットは投資効率の悪化です。不動産投資に慣れてきた方は、基本的に僅かな頭金と自分の属性の良さを活かしたフルローンで融資を受けて、投資用物件を購入するケースが多いです。キャッシュフローが生まれればそのお金を頭金や諸費用に回し、どんどん買い増ししていくのです。一軒一軒の利回りを改善仕様など考えるのではなく、リスク管理できる範囲で買い増しを行い、自分の収入を増やします。

繰り上げ返済をすると一気に大きく現金の残高が減ることになるにで、積極的に投資用物件を買いたいという人にとっては、収入を増やすペースを遅らせることになるのです。
不動産投資初心者の方にとっては、安全策を採ってじっくり物件を増やしたほうが良いですが、投資慣れした人になると、繰り上げ返済は自分の収入を結果的に減らす行為になるのです。

投資効率重視で不動産投資を進めたいという人は、繰り上げ返済よりもキャッシュを使って買い増しを選んでいきましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP