BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

不動産投資の資金調達手段にクラウドファンディングが増えていく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投資用の資金調達について、融資を金融機関が制限しつつあります。個人で思ったように融資を受けることが難しくなると、別の資金調達手段として、不動産投資型クラウドファンディングやソーシャルレンディングによる不動産投資の資金調達が増えていくかもしれません。ここではクラウドファンディングによる資金調達について、ご紹介します。

不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資型クラウドファンディングとは、不動産物件の購入やリフォーム用の資金を必要としている事業者が、インターネット上で、多くの投資家から少しずつ資金を調達する手法を指します。資金を必要とする事業者は、どのような物件を購入し、どのような運営をしていくのかを提示した上で、投資家にクラウドファンディング案件で資金を募るのです。
そして投資家から集めた資金をもとに物件を購入して、運営していきます。物件の運営や売却によって得られた利益を、投資家に分配します。
資金がそれほど潤沢でない不動産会社は、このような方法で資金を集めることができますし、投資家にとっても、自分で不動産物件を直接購入するひつようがないので、少ない資金で不労所得を得られるというメリットがあるのです。

ソーシャルレンディングも最近は人気

不動産投資型クラウドファンディングと似たような投資手法として、最近人気があるのがソーシャルレンディングです。
ソーシャルレンディングはお金を集めた会社が直接その資金を運用するのではなく、資金を必要とする不動産業者などの事業者に融資します。
投資家が少額ずつファンド経由で投資をするというシステムは変わりませんが、物件の運用によって得られる利益を分配するのではなく、ソーシャルレンディング会社が別の事業者に融資した際の金利が、投資家に対して分配されるという違いがあります。
不動産物件を担保として資金調達をする事業者が増えている背景もあり、このソーシャルレンディング市場の規模はここ数年、毎年倍増の勢いで拡大しています。
不動産会社の中には、ソーシャルレンディング業者に資金調達依頼して投資家から少しずつ事業に必要な資金を集める会社も増えているのです。
ただし投資家に対して、資金融資先がどこなのかなどの情報が明らかにされないため、リスクも大きく、金融庁から制度の見直しを指導されています。

法人を作り、ソーシャルレンディング会社経由で資金調達をする方法もある

もし自分がある程度の規模の不動産会社を営んでおり、資金調達の手段に悩んでいるというようでしたら法人を作り、ソーシャルレンディングや不動産投資型クラウドファンディングで資金を集めていくという手段もあります。
ソーシャルレンディングでお金を集めたい場合は、ソーシャルレンディング事業者に融資を受けたいという依頼を持ちかければ良いので、それほどハードルは高くありません。ただし担保となる不動産物件に、担保価値があるのかを確認されますし、金利は金融機関より高くなってしまう点は注意しなければいけないでしょう。
不動産投資型クラウドファンディングの場合は、自分で案件を組成してお金を集めるのは手間がかかります。どのような物件を調達したいのかなどを、不動産投資型クラウドファンディングを提供している会社に伝えて、資金を集められるかを、打診してみると良いでしょう。
金融関係のテクノロジーの発展により、資金を集める手段も増えています。
もちろん資金の集める手段だけではなく、自分が投資する手段としてもこれらのテクノロジーを利用しても良いでしょう。

生まれたばかりの投資手法は、悪意をもって運営している事業者がいないとも限りません。ある程度その投資手法の問題がクローズアップされ、業界の健全化が行われてから、投資に取り組んでいくのがリスクヘッジにつながります。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP