BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

不動産会社にもいろいろな種類がある。それぞれの業務とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動産投資を行う中では不動産会社との付き合いが重要になります。しかし一口に不動産会社と言っても、それぞれの担当領域によって様々な会社が存在し、規模や業務内容は大きく違っています。そこで不動産会社の種類と、それぞれの業務がどのようなものかをここでは紹介します。

 

不動産デベロッパーは企画開発を担当

まず最も規模の大きな事業を行っているのが不動産デベロッパーです。不動産デベロッパーは主に住宅地やマンションなどの企画開発を行います。例えばタワーマンションの立地を選定し、どのような建物にするかを企画。そして開発を行うのが主な業務です。かつてはニュータウンなどの開発も積極的に行い、ひとつの自治体に匹敵する規模のエリア開発なども行っていました。

三井や住友、三菱といった財閥系、また東急など鉄道系の不動産デベロッパーはTVCMなどでも売っているので大変知名度も高いです。

 

不動産販売会社は文字通り販売を行う

不動産デベロッパーが開発したマンションや住宅地の販売を行うのが、不動産販売会社です。デベロッパー自身が販売を行うこともありますし、デベロッパーと特に関係がなくても完成した物件をデベロッパーから仕入れて不動産を探している人に販売する会社も多くあります。不動産投資家としては直接デベロッパーとの関係を持つことはほとんどありませんが、不動産販売会社と付き合いを持つ機会は多くあります。

 

建物管理会社、賃貸管理会社とは

マンションなど不動産を購入した後に投資家が関わりを持つのが建物管理会社と賃貸管理会社です。

建物管理会社は建物の維持や補修、修理、清掃などの業務を一任され、マンションの資産価値を低下させず、快適に住人が生活できる環境を提供します。

一般的に購入者が居住用に利用するマンションは、住人が積極的に管理組合活動を行った結果、建物管理会社を変更することはよくあります。

しかし、投資用物件はそれぞれの部屋のオーナーは管理組合に積極的に参加しないことが多いため、マンションが販売された時点で設定された建物管理会社、つまりマンション販売会社やデベロッパー系列の会社が建物管理会社になっていることが多いです

 

また投資用物件では賃貸管理会社と個々の部屋のオーナーが契約することも多いです。不動産投資家にとっても最も関係を持つ機会が多いのがこの賃貸管理会社です。

賃貸管理会社は物件への客付け、さらに入居者の契約や家賃の徴収、入居者の退去時の手続きなどを行ってくれる会社です。能力の高い賃貸管理会社を選ぶことで入居率が安定します。賃貸管理会社選びは不動産投資の成否を大きく左右するとも言えます。

すべての業務を一つの会社に任せられるのが理想的

不動産投資をスムーズに行っていくためには、できる限り不動産の購入、管理、客付けや運営までを一つの会社に委託できるようにしましょう。その意味ではやはり規模の大きな不動産会社の方が、販売部門、仲介部分などを内包しているため、不動産運営業務を一任しやすいです。

すべての作業を一任できれば、自分の業務量や労力を大きく減らせるので、自分は買い付けに尽力するなど、効率よく不動産投資を進めていけるでしょう。

 

ただし業務を完全に一任してしまうと、手抜きをする不動産会社がいないとも限りません。常にしっかりと不動産会社の活動を確認し、成果に不満足な場合は、他の会社に業務を任せることも常に検討しておきましょう。

 

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP