BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

不動産を購入するときの参考にしたい路線価と公示地価の違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動産を購入する時には、その価格が相場に沿ったものか、もしくは相場より安いものかをチャックし、できるだけ高い値段で買わないように注意する人が、大半でしょう。
価格を調べる際には、公示地価や路線価など、国が発表する土地価格のデータを参考にすることができます
公示地価と路線価は一緒に扱われることも多いため、その違いをよく知っていない人もいるかもしれません。そこでここではこの二つの数字の意味と違いをここでお伝えします。

公示地価とは

公示地価は、国土交通省が発表している不動産売買を適切に行うための指標データです。その年の1月1日時点の取引相場などから算出したデータを、毎年3月中旬に発表しています。全国各地全ての土地に対して発表されているわけではなく、全国で3万カ所程度の、基準となる場所の価格を発表しています。
公示地価の算出に関しては、不動産鑑定士が2名以上で算出を行っているので、その土地が持つポテンシャルを、様々な角度で判断しています。土地の面積だけではなく、形状なども参照しながら導き出していく数字になのです。
前年の取引実績などを参考にしながら数字が算出されているため、基本的には不動産価格の相場に沿っていますが、全体的な傾向としては、やや高い価格になると言われています。公示地価は、国土交通省のホームページでその数字を確認することができますし、下記のページでもより簡単に確認できます。
https://tochidai.info/

路線価とは

路線価とは、国税庁が毎年発表している不動産の相場を表すデータです。正確には相続税評価路線価といい、基本的には土地を相続する時に、その価値がどの程度になのかを示す、相続税の算出に使われる数字です。
公示地価が国土交通省の数字なのに対し、路線価は国税庁が発表しているという点が大きく異なります。
公示地価は特定エリアに対して出される数字になっていますが、路線価はその名前の通りに道に面する土地に対して表される数字です。特定の道路に対し、その道路に面している土地の平方メートル単価が何万円だと、表示されています。
平均的な傾向としては、公示地価の7~8割程度の価格になることが多く、路線価の方が安くなっています
こちらの数字も1月1日時点の相場を表していますが、発表は毎年7月1日です。
路線価も国税庁のホームページで相場なのかを確認することができるので、不動産購入を検討する際には、まずそのエリアの路線価と公示地価を見てみるのが良いでしょう。

公示地価と路線価は、あくまで目安

ただしこの2つの数字も、結局は土地相場を示す目安になる数字でしかありません。不動産はまず購入できる人がいなければ、価格が跳ね上がることがありません。
金融機関が融資を絞れば、ローン利用者が減り、購入できる人も減ります。そう吸えば自ずと価格も下がっていきます。そういった市況の変化が起これば、不動産価格は前年よりも大きく下落するのです。
逆に外的な要因で、不動産相場が一気に上昇することもありますし、敷地の大きさや用途、周辺環境でも相場は大きく変化していきます。

自分で不動産を購入する際には、路線価、公示地価を参考にしながら、できるだけそれらの価格よりも、安い価格で購入できるよう、つまり割高で購入しないように気をつけましょう。
また同時に周辺の直近の売買実績も確認し、総合的に判断していきます。
一方で、土地のみではない、建物込みの不動産は建物の機能や築年数によって収益性が大きく変わってきます。土地の価格が相場より割高でも、高い物件運営収入が見込めることもあるのです。
建物込の場合は、建物のチェックも忘れないようにしましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP