BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

不動産を売却した時の税金は?5年以内に売ると税金が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「不動産を売却して儲けを◯◯に使いたい」など考えている人は少なくないのではないでしょうか。売却して利益が出ることは良いことですが、儲けには税金がかかる可能性があるため注意が必要です。

ここでは、不動産を売却した際にかかる税金について紹介しています。今は興味がない人も、将来のためにかかる税金を確認しておきましょう。

住宅を売却すると税金がかかる可能性

住宅を売って利益が出た場合は、所得税や住民税がかかるため、翌年には確定申告が必要です。

税金は、売却代金にかかるわけではなく、譲渡価格(売却代金)から取得費(購入金額)と諸費用(売却時にかかった仲介手数料や印紙代など)を差し引いた譲渡所得から、特別控除をさらに差し引いた「課税譲渡所得」に対してかかります。

●譲渡所得=譲渡価格−取得費−譲渡費用
●課税譲渡所得=譲渡所得−特別控除

税率については、住宅の所有期間によって異なりますが、「もうけ」に対して税金がかかることをまずは理解しておきましょう。

税率は所有期間が短いほど高い

売却する住宅の所有期間が短いほど、税率が高くなることを覚えておきましょう。以下は、所有期間ごとの税率です。

●所有期間10年超(軽減税率の特例を受ける場合)
所得税10%、住民税4%、復興特別所得税2.1%

●所有期間5年超
所得税15%、住民税5%、復興特別所得税2.1%

●所有期間5年以内
所得税30%、住民税9%、復興特別所得税2.1%

このように、所有期間が5年超と5年以内では大きく税率が異なります。仮に、5年以内に売却する場合は、課税譲渡所得額の半分近い税金がかかるため使いすぎに注意しなければなりません。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP