BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

一般媒介契約のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

賃貸物件の入居者募集には「一般媒介」と「専任媒介」があり、それぞれで特徴が異なります。両方のメリットを把握したうえで、所有物件に合った媒介契約を選ぶことが大事です。

ここでは、一般媒介契約の主な3つのメリットについて見ていきましょう。

3つのメリット

一般媒介契約を選ぶことで、借り手が見つかりやすいなどのメリットがあります。一般媒介契約の主なメリットは以下のとおりです。

仲介会社選びの失敗を防げる

入居者募集にあたり仲介会社と契約するわけですが、仲介会社によってプロモーションや営業方法などが異なり、いかに客付けできるかが違ってきます。営業マンのスキルにも大きな違いがあるため、なかにはまったく客付けできない業者もあります。一般媒介契約であれば、複数の仲介会社と契約するため、仲介会社選びの失敗を防くことが可能です。

借り手が見つかりやすい

専任媒介契約の場合は1社と契約を結びますが、一般媒介契約の場合は複数の仲介会社と契約します。そのため、各社が競争するため借り手がスピーディーに見つかる可能性があります。

囲い込みを防げる

専任媒介契約の場合は、不動産会社が意図的に情報を出さないケースがあります。他の不動産会社からアパートの問い合わせがきても、「現在、商談中です」など伝え断ったりするものです。専任媒介契約を結んだ会社は、自社の売上のことしか考えておらず、アパートには機会損失となってしまいます。

一般媒介契約のメリットだけでなく、専任媒介契約のメリットも確認したうえで、最適な媒介契約を結びましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP