BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

ターゲットを絞る賃貸経営のメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ここ最近、入居条件を限定し、ターゲットを絞った賃貸物件が増えています。たとえば、猫を飼う人限定や、クリエイター限定、楽器を演奏する人限定、愛玩用の犬を飼う人限定など、さまざまな条件が設けられています。

なぜ、このようにターゲットを絞った賃貸物件が増えていて、入居条件を限定することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、ターゲットを絞る賃貸経営のメリットについて紹介しています。

メリット1:競合との差別化が図れる

入居条件を限定するメリットが、競合物件との差別化が図れることです。賃貸経営は多くの競合があり、差別化が難しく価格競争となることも少くありません。しかし、入居条件を限定すれば、価格競争をせずに競合に勝てる可能性があります。たとえば、楽器を演奏する人は、何よりも演奏できるかどうかを条件として物件を探します。ペットを飼っている人も同様です。これらの条件を求め、遠方へ引っ越しする人もたくさんいます。

メリット2:広告宣伝費を削減できる

ターゲットを絞ることは、広告宣伝費の削減にもつながります。なぜなら、「楽器 演奏 マンション」「ブルドッグ 飼える 賃貸」など、ターゲットとしている人たちは、自らピンポイントで物件を探すためです。そのため、たくさんの物件情報誌やサイトに載せなくても、ターゲット自ら物件を見つけてくれます。余計なコストを抑え、収益性を高めることが可能です。

ターゲットを絞ることにはこのようなメリットがあり、これまで以上に賃貸経営が安定する可能性があります。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP