BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

カードの滞納は融資にマイナス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投資用のために新築マンションを購入する予定がありながら、クレジットカードの支払を滞納してしまった。このような経験がある人もいるかも知れません。僅かな金額とは言え、クレジットカードの滞納は信用情報に関わるときになる方もいるでしょう。

こういったカードの支払い遅れは住宅ローンの審査に影響するのでしょうか?

答えから紹介すると、「絶対ではないですが、住宅ローン審査に影響する可能性がある」です。審査に影響する可能性があるのは、延滞の情報を調べられた場合です。

基本的にクレジットカードの延滞情報は、各クレジットカード会社が加盟する「個人信用情報機関」に登録されるようになっています。

そして、住宅ローンを借りる金融機関は、審査をする際に個人信用情報機関に照会して、ローン申込者の信用情報を調べることが可能です。

しかし、信用情報機関は他にも複数あるため、必ず個人信用情報機関に照会するとは限りません。※内容によっては共有されます。

信用情報機関に登録される期間も1〜5年程度なので、古い情報は知られませんし、あまりに軽微なものについてはそもそも登録されません。

あくまで傾向ですが、このような流れになっていることを知っておきましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP