BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

オール電化であれば、火を使わないので安心・安全な生活ができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オール電化は経済的なメリットだけではなく、安全面でもメリットがあります。オール電化物件の場合、キッチンはIHコンロ、お風呂はエコキュートになりますので、火を使うことがありません。
ガスの場合、火を使って料理をしたり、お湯を沸かしたりしますが、オール電化では電力で発熱しますので火事になりにくいのです。
また、ガスを使わなければ煙で壁が焼けたり、煙の跡が付いたりすることもなくなりますので、キッチンが汚れにくくなるメリットもあります。
その上、安全面においてもかなりの効果があります。オール電化にしておけば、火災保険の契約料が安くなる場合があります。
さらには、エコキュートの場合は深夜電力でお湯が沸きますので、ガスよりも費用がかかりません。安全面・経済面の両方で、オール電化には大きなメリットがあるのです。
その他にも、エコキュートは自然由来のエネルギーで発電します。自然環境に配慮した生活を好むエコ志向の住人を呼び込むことができるかもしれません。
オール電化物件は、ガスを使うよりも環境に配慮した住宅になっていると言えるでしょう。国としてもこういった環境にやさしい住宅づくりを推進しています。賃貸住宅の建築やリフォームの際に、国から補助金が受けられるケースも有るのです。(例:https://www.kankyo-business.jp/subsidy/ecocute/result.php?state=tokyo&city=koutouku#p12179

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP