BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

オーダーメイド型とパッケージ型の投資用ローンの違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動産投資のために融資を受ける時は金融機関の用意するパッケージ型ローン、もしくは自分で細かな条件を調整して融資を申し込むオーダーメイド型ローンのいずれかを受けることになります。そこでここではそれぞれのローンの特徴と、不動産投資をこれから始めようと考えているサラリーマン投資家にはどちらが向いているのかをご紹介します。

オーダーメイド型ローンとは

オーダーメイド型のローンは融資を受ける人間の収入や属性、また物件の種類など様々な条件に応じ、個別にそれぞれ融資条件を決めていくローンのことを指します。一案件ごとにそれぞれ金利、返済期間、また物件価格に対する融資割合などを決めていきます。
非常に細かな条件を調整しながら融資の検討が可能なため、オーダーメイド型ローンと呼ばれます。
メガバンクや地方銀行、信用金庫などほとんどの金融機関でオーダーメイド型のローンの融資を行っています。また融資が下りるまで時間はかかりますが、比較的有利な条件で融資を受けやすいのが最大のメリットです。

パッケージ型ローンとは

一方でパッケージ型ローンとは、ある程度商品として融資条件が決まっているものです。住宅ローンに近いものと言えるでしょう。商品として形が決まっているため、金利、返済期間、また融資の許可割合など諸々の条件がパッケージ化されています。
主にパッケージ型ローンを展開しているのは地方銀行やノンバンク、 JA などであり、メガバンクなどの金融機関ではそれほど積極的にパッケージ型ローンを展開していません。融資にかかる時間が短いのですが、オーダーメイド型ローンと比べると金利などの条件が一括に決められてしまい、やや条件が悪くなることがあります。

サラリーマンに向いているのはパッケージ型ローン

不動産投資をこれから始めるサラリーマンの方であれば、パッケージ型ローンを狙うのが無難です。パッケージ型ローンは借りるための条件として年齢や収入、投資歴、融資金額の上限や返済期間などがあらかじめ提示されているので、自分がその金融機関のローンで融資が受けられるのかどうかが事前に判断しやすいです。
金融機関が審査に要する時間もルールが規格化されているため短くなっています。ある意味では融資を受けやすいといえますし、融資が不可能な場合でも早く結論が出るので次の金融機関に移れます。
金融機関との交渉の際、融資の条件設定でじっくりと時間を掛けることが難しいサラリーマンにとっては、パッケージ型ローンが向いているでしょう。ただし金利はどうしてもオーダーメイド型ローンより高くなってしまうという弱点もあります。

将来的に法人を設立し、自分が経営者として金融機関と交渉していきたいのであれば、徐々にオーダーメイド型ローンの融資を狙うようにしましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP