BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

インターネットの情報は弱点を書かない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インターネットを利用すれば、すぐに物件情報を確認できるなど非常に便利ですが、実際に現物を見ることが最も大切です。サイトの情報だけでは、情報量が限られますし、良いことしか載っていません。

物件選びをする際は、しっかりと現地に足を運ぶようにしましょう。

さまざまな問題を抱えている可能性

「物件がある場所が遠いから」「仕事が忙しくて見に行く時間がない」「直接見なくてもなんとなくわかる」など、不動産投資物件を探す際に、現地で実際の物件を見ずに決めるのは危険です。

確かに、インターネットサイトでは、利回りや空室率、物件の特徴、最寄りの施設、近隣物件状況、シミュレーションなどが確認できます。しかし、サイトが提示するこれらの情報をすべて鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら、インターネットの情報には、基本的に物件の弱点は載っていないためです。少しでも物件に興味を持たせて、早く買ってもらうためにサイトに載せているわけです。わざわざ物件の弱点を書いて興味を削ぐようなマネはしません。

そのため、実際には、物件近くにゴミ屋敷やお墓があったり、周辺物件は空室が目立っていたり、治安が悪い場所だったりと、さまざまな問題を抱えているケースがあります。

物件選びをする場合は、インターネットの情報は参考程度に留め、実際に物件や周辺状況を自分の目で見て判断するようにしましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP