BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

アパート経営はどのラインで売却を検討するべきなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アパート経営は家賃収入だけではありません。売却して売却益で稼ぐことも可能です。そのため、アパート経営を始めたからといって、一生やっていく必要があるわけではなく、売却をしてアパート経営を辞めることもできます。

しかし、思いつきで売却を検討しては、損をする可能性もあるため、どのようなタイミングで売却を検討すべきか今のうちから考えておきましょう。

どのタイミングで売却を検討するか

「ある程度の時期まで賃貸で収益を出し、その後は売却を考えている」というアパートオーナーも少なくありません。今は毎月継続的に家賃収入が入っていても、永久に続くわけではありませんし、老朽化による資産価値の減少もあるため、どこかのタイミングで売却を考えることは、ごく自然なことと言えます。

一般的に、以下のタイミングで売却を検討するケースが多くあります。

満室

次の買い手からすると、空室が目立つ物件を高く買おうとは思いません。物件を買うのであれば、満室で、ある程度の家賃収入が見込める物件を選ぶはずです。満室のタイミングであれば市場の評価は高くなるため、売却益が期待できます。

減価償却費の期間が満了

減価償却費の計上が終われば、節税効果が薄くなるため、売却のタイミングとして検討するオーナーは多いようです。そして、売却益をもとに減価償却費が計上できる新たなアパート経営を始める人も少なくありません。

売却相場が投資資金を上回るとき

アパートを売却した場合の価格が、購入資金や投資資金を上回るタイミングで売却を検討する人もいます。売却価格は需給バランスで決まるため、高くなる場合もあれば安くなるときもあります。購入資金や投資資金を上回るようであれば、多くの売却益が見込めます。

上記のように、「市場が高く評価する」「節税できなくなる」「売却益が見込める」このようなタイミングを、売却を検討するきっかけと考えるといいでしょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP