BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

アパートの除草対策に除草剤を使うときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アパートの運営や管理で悩まされるものの一つに、雑草対策があります。自分で植えている植物ならばともかく、勝手に生えてどんどん成長してしまう雑草は、定期的に抜いたり、刈ったりしないと様々な問題を引き起こします。
景観的にあまり好まれませんので、「手入れの行き届かない物件だ」と判断されてしまいかねませんし、蚊や虻などが発生しやすくなります。そのため、アパートを所有する時には、管理業者に追加費用を払って雑草の草むしりをしてもらわなければいけない時もあるでしょう。

しかし、余計なコストは経営に悪影響を及ぼします。そこで、手軽に雑草対策を行うときのポイントをここではお伝えします。

まず、最も雑草対策として手軽に行えるのは、除草剤を散布することです。液体状の除草剤でしたら、シャワースプレーのような機材を使うことで、広範囲に薬剤を散布できます。敷地50~100平方メートル程度でしたら、1時間くらいで散布が完了するでしょう。

効果の高い除草剤を撒けば、根っこまで枯らせて半年程度は効果が続きます。この程度の費用と労力の負担であれば、サラリーマン大家の方でも自分で行えるでしょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP