BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

アパートの賃貸契約の定期借家契約とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「定期借家契約」をご存知ですか。アパート経営をしている人の悩みの1つが「不良入居者をどうするか」です。需要より供給が大きい時代だからこそ、この悩みがつきまといます。そこで、おすすめなのが定期借家契約です。この契約方法であれば、不良入居者がいても毅然として追い出せます。

ここでは、定期借家契約の基本的内容について見ていきましょう。

契約期間が定められた「定期借家契約」

アパートの賃貸契約には、「普通借家契約」と「定期借家契約」があります。一般的に用いられるのは普通借家契約であり、定期借家契約を用いることはそこまで多くはありません。しかし、賃貸需要よりも物件供給の方が多い昨今、定期借家契約を用いるオーナーさんは増えています。

定期借家制度は、2000年に施行された「良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法」にもとづいた制度で、定期借家契約とは契約期間に定めがある賃貸契約のことです。

基本的には、更新のない賃貸借契約なため、契約期間が満了になれば、オーナーは入居者を退去させることができます。供給過多の状況ですので、入居者を確保したくてついつい審査が甘くなってしまいがちですが、定期借家契約であれば契約期間が満了になれば不良入居者でも法的に退去させることが可能です。

普通借家契約だと、不良入居者の場合でも追い出すことは難しいですが、定期借家契約であれば、そのようなこともありません。優良な入居者については、契約満了後に更新契約も可能です。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP