BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

アパートでBSやCSアンテナを導入するときは、共同アンテナがいいのか、個別設置がいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

テレビの多チャンネル化が進行しており、一般の地上波だけではなく、BSやCS放送を楽しみたいという人が増えています。そのため、アパートを貸し出す時には、BSやCS放送の視聴をアピールポイントとして打ち出すと、入居者が決まりやすくなることもあるのです。

BSやCS放送は、専用アンテナを設置しなければ受信できません。これらの放送を受信するため、アパート全体の共同アンテナを設置するのが良いのか、それとも、各部屋に個別アンテナを設置するのが良いのか考えてみましょう。

共同アンテナは、価格が高い

アパート全体で利用できる共同アンテナをつけただけでは、全ての部屋でBSやCS放送を受信することは難しい時もあります。受信した電波を全ての部屋に分配すると、どうしても電波が弱ってしまい、場合によってはブースターと呼ばれる装置を付けなければいけません。しかし、全ての部屋にこの設備を設置すると、10部屋ほどのアパートでも費用は30万円ほどになってしまうのです。そのため、ある程度の支出を覚悟しなければいけません。

各部屋へのアンテナの設置では、費用はかからないが、受信できない部屋もある

共同ではなく、それぞれの部屋にアンテナを設置するという方法もあります。この場合、一部屋あたり2万円以下で設置が可能ですから、共同アンテナよりもコストパフォーマンスは良いです。
ただし、問題は部屋によって放送を受信できない点です。アンテナの角度や階層によって、どうしてもBS放送を受信できない部屋が出てきます。そのため、BS放送を見ることができる部屋とそうでない部屋に分かれてしまいます。

全ての部屋でBS放送やCS放送を受信できれば問題ないのですが、受信できない部屋が出てくる場合は共同アンテナをつけ、各部屋にブースターで電波を送るしかないでしょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP