BLOG TO THE REALESTATE INVESTMENT

こんな賃貸併用住宅は買ってはいけない!損をする賃貸併用住宅 3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

賃貸併用住宅は、自宅を持ちながら家賃収入が得られる物件です。また、非常に低いリスクで不動産投資をスタートできます。さらに、家を持つことで住宅ローンの利用が可能になり、オーナーに様々なメリットをもたらします。結果として毎月のローンの返済が抑えられ、出費が増えるどころか、収入がプラスになることもあるのです。
しかし、賃貸併用住宅にも当然ながら、良い物件と悪い物件があります。中古で売りに出されたということは、前の持ち主が何らかの理由で手放す理由があったからに他なりません。 そこで、賃貸併用住宅でも買ってはいけない、買うと後悔することになる3つのポイントを押さえていきます。悪条件に当てはまらないような賃貸併用住宅を是非、ご購入ください。

自宅部分が狭い

賃貸併用住宅では自宅部分よりも賃貸部分の広さに目を奪われがちですが、家賃収入を重視しすぎるのは禁物です。投資用物件では得られる収益の額は非常に重要ですが、賃貸併用住宅の場合、自宅も一緒に併設されているわけですから、自宅としての快適さも気にかけなければいけません。
100平方メートル程度しかない賃貸併用住宅の場合、自宅部分が50平方メートルから60平方メートルしか確保できないことが多いです。
自宅部分が非常に狭く、子供部屋も満足に確保できないなどの問題があり、3人や4人で済むには無理のある間取りになっていることもあります。
建物がそれほど大きくなければ、オーナーと入居者の物理的な距離が近くなってしまい、お互いに住みにくくなってしまうものです。
自宅を購入した実感を得ながら快適な生活を送っていくには、賃貸併用住宅全体の面積が最低でも150平方メートルあるものを選びたい所です。そうすれば自宅部分で90平方メートル、3~4人でも生活できるスペースを確保できます。そして、残りの部分を20平方メートル×3人分のワンルーム物件にすれば、無理のない快適な居住環境が実現するでしょう。オーナーだけでなく、住人それぞれがプライバシーを確保できます。

駅から離れた場所にある

駅から離れた場所にある賃貸併用住宅は、中古で購入するのであれば選ぶべきではありません。現在の日本は人口が減っているため、駅から離れた場所にある物件は人気が下がっています。駅から多少離れた場所に住んでいても、若者はそれほど不自由さを感じないかもしれませんが、駅から離れた場所にある住宅は、高齢者にとって大変住みにくいものです。
駅から離れた土地の価格はどんどん下がる傾向にありますから、購入時点で資産価値が急落する可能性が否めません。何らかの理由で売却する時、半値程度にしかならないことも十分に考えられるのです。
駅から5分以内の立地の良い場所に賃貸併用住宅を購入するのは難しいですが、住宅地でも駅から10分程度の場所を目安に賃貸併用住宅を購入したいものです。
そうすれば安定した入居者が見込めますし、資産価値もそれほど低下することはありません。

購入後すぐにメンテナンス費用がかかる

賃貸併用住宅は普通の住宅よりもメンテナンス費がかかります。それは水周りの設備がそれぞれの世帯ごとに設けられているからです。
自宅として利用する建物であれば、たとえ外観が少し古くなっても、自分たちが我慢すればいいだけです。20年や25年間、外壁塗装や屋根塗装に目をつむっても大丈夫です。
しかし、賃貸併用住宅の場合、あまりに古くて汚い物件では入居者が敬遠してしまいます。自分の家ではなく、他人も利用する家だという視点を持ち、常に魅力的で綺麗な物件にすることを心がけなければいけません。そのため、設備の修繕費や外壁塗装費が通常の戸建住宅よりもかかってしまうのです。
比較的メンテナンスにお金をかける必要がなく、綺麗で設備がしっかりしている中古物件を選びましょう。

SNSでもご購読できます。
PAGE TOP